スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPに関する講演会

TPPの事前協議のために、政府関係者がアメリカに行ったとか。

このTPP、国益のため・・・・なんて言ってるけど、ほんとうに国益になるのだろうか?

一握りの大会社のために、国民大多数が困ることになりかねません。
と言うのも、構造改革などの影響で、大企業は年々収益を伸ばしているけど、労働者への配分すなわち給料はどんどん下がっているという数字が出ています。
コスト削減の大号令の元、正規社員をどんどん減らし、非正規労働を都合の良いように使う風潮がまかり通ってます。

こんな中で、会社が利潤を上げても労働者への配分は期待出来ません。

輸入農産物がターゲットにされていますが、果たして日本国民のためになるでしょうか。
アメリカで輸出しようとしているのは、一部大手です。
そんな中でも、巨大な多国籍企業の動きが気になるところです。

と言うのも、遺伝子組み換えの農産物をいかに日本に売り込むか。その裏には、種子ビジネスが隠れています。
特許という名を武器に花粉をまき散らし、それに汚染された非遺伝子組み換えの品種を特許侵害だと訴える。
本来は、汚染させたほうが罪に問われると思うが、あちらの国ではそうではないようだ。

非関税障壁だと、遺伝子組み換えの表示義務を訴えられたら、どうしようもなくなる。
しいては、気がついたときには遺伝子組み換えの汚染が日本中に広まりかねない。

遺伝子組み換えは人体に影響がないと言われているが、はたしてどうだろう?
そもそもが、許可されていた着色料や保存料などが禁止になったりしているのを考えると自ずと答えが出てくる。

残留農薬の基準もそうだ。
はるばる遠くから輸送するには、収穫後に使う農薬のお世話になることも多い。
必然的に、残留濃度が高くなるので基準が厳しいと非関税障壁だと訴えられるだろう。

アメリカあたりで、本当に利益を受けるのは一部の大企業だけとも言われている。
こういうところは、いかんせん国を動かす裏の力が大きいので困った物だ。

原発事故もそうだと思うが、人類を滅ぼすのは最終的に人類ではないだろうか。
昔から、八里四方のものを食べろと言う言葉もある。
スポンサーサイト

有機栽培

昨日はとある団体の研修会。
有機栽培を実践している人のお話でした。

有機栽培というと、普通は小規模面積の野菜作を思い浮かべる。
でも、今回の講師は十勝の大規模畑作経営。

すでに10年以上も55haの畑全部を有機栽培しているのだ。
有機栽培といっても、今は有機質肥料もほとんどやってないとか。

今は小麦と黒豆・緑肥だけに絞っている。
馬鈴薯や甜菜もやっていたけど、やはりネックは雑草のようだ。

小麦を蒔くときに白クローバーを混播して雑草対策。
黒豆はカルチによる土寄せで対応。
手取り除草は慣行農法と変わらないくらいだそうだ。

収量は減っても有機JAS認証で価格が高くなるのと、
経費が減ることにより所得自体は変わらないようだ。

でも、移行するに当たっては並大抵の勉強ではないようだ。

移行するに当たってはリスクがかなり大きくて 勇気 も必要だ!!



感謝祭

今日は、いつも豆を出荷している雑穀会社の感謝祭。

社長の講演の後に、納入先2社からのお話もありました。

どちらも、北海道産や十勝産にこだわった煮豆やお菓子作りに努力されてます。

また、この雑穀会社は自社工場で石臼を使った全粒小麦粉にも力を入れていて、その小麦で焼いたパンやクッキーなども試食コーナーにありました。

輸入小麦の場合は、収穫後に使われる農薬の影響で皮の部分には農薬残留が多く、全粒粉としては健康的にかなりリスクがありますが、国産小麦の場合は収穫後に農薬を使わないので安心出来る品物です。

会場には各納入先の商品やPOPなどが展示され、何所も国産原料をアピールした内容になっています。
DSC00780.jpg


一角には小豆や大豆のお茶コーナーもあり、豆の健康に及ぼす効能が詳しく書かれていました。
DSC00786.jpg

その中では、小豆の食物繊維がゴボウの3倍あるとか、ビタミンB1が豚肉と同量。鉄分がほうれん草より多いとかポリフェノールが赤ワインの2倍など健康にはなくてはならない要素がたくさんあることが書かれてます。

また、コレステロールや中性脂肪を抑制し血液をサラサラにする効能や体の酸化防止に役立ち老化を抑える効能も書かれてました。

食の乱れ、ミネラル分の摂取不足は、体調がおかしくなるだけではなく精神的にもおこりっぽくなったりすると共に、低血糖症にも結びつき倦怠感や疲労感、キレやすいとかイライラなどの精神障害にも結びつくようです。

健康な大地から穫れた健康な豆は、人間も健康にしてくれます(^_^)v

今年の小麦の防除

昨夜はとある集まりで小麦の防除の話。

昨年、一昨年と葉が急に枯れる病気のため小麦は大減収。

どうもニバーレ菌による影響というのが見えてきたようだ。

でも、どういう環境でこのように発生するか、今一見えてきていない。
ただ言えることは、多湿と温度の兼ね合いのようだ。

特に過繁茂の所では顕著とか。

今までは必要ないと言われていた止葉期以前の防除が必要とされそうだ。
今までは効くとされていた薬剤がこれには無能というのも輪をかけている。

チーズ工場見学

今年3月、町内に国内最大規模のチーズ工場が出来た。
工場には「十勝チーズ館」と称して、チーズが出来るまでの行程はもとより
原料となる牛乳のことなども説明されている。

一連の話などを聞いた後工場見学に入ったが、どこのブースに行っても
人が全然見あたらない。かなりオートメーション化された最新工場がうなずけられる。

工場見学が終わった後はチーズの試食。
この工場で作られているのは、「ゴーダチーズ」「チェダーチーズ」「モッツァレラチーズ」
それぞれに特徴があり好みが分かれそう。国産チーズの消費拡大に結びつけばとも思う。

尚、この工場では10~20kgの大きなブロック状の形までで、
最終製品は、本州の工場で行われるようだ。

ちなみに、工場が出来て間もないため工場見学は込んでいてかなり前からの予約が必要だ。

 ▲ 

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
ツリーコメント
リンク
最近のトラックバック
RSSフィード
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
友達申請フォーム

この人と友達になる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。